年齢とともに変化する髪質

若い頃はまっすぐ過ぎる髪で髪の毛を縛るにも髪にハリがありすぎて髪の毛が逃げてしまうので扱いづらくて悩んでいました。
特に子供の頃には天然パーマの子の髪質をとてもうらやましく思っていました。
10代から20代くらいになるとパーマやカラーリングをするようになったので特に悩みは感じなくなりました。
まだ、髪にダメージを与えてもすぐに修復しましたし、ショートやロングとどんな髪型にしてもそれなりにまとまって思いどおりにスタイリングできてもいました。
30代後半になったあたりからだんだんと髪が細くなって若い頃のようなピンとしたハリや髪につやが無くなってきていたのですが最近は全く昔の髪質と違ってきています。
年齢を重ねるとどうやら髪にクセが出てくるみたいですね。
あんなにまっすぐだった髪にうねりが出てロングストレートにするならストレートパーマもしくはパーマをかけるか髪を縛るかになってしまいます。
髪がまとまらない上につやがなく清潔感に欠けるので肩上くらいのセミショートにしたら今度は更に髪のくせがひどく出ます。
髪の毛のクセは短いほうが強くなるみたいです。
今はとにかくマメに美容院に行くことにしています。
若いうちは数か月美容院に行かなくても何となく髪型をキープ出来ていたのですが今は1ケ月に1回は必ず美容院に行きトリートメントとカットをしています。
自宅のシャンプー・トリートメントも市販されていない商品を使っています。
きれいな髪をキープするには時間とお金をかけるしかないです。
出てしまった髪のクセはなくなりませんが何もしないより断然良いコンディションです。